お子さんの国語読解力と算数の力を大きく上げる講座です

小学4年生・5年生をお持ちの方へ

「うちの子、読解力がないのよね。だから算数の文章題もニガテ。おまけに表現力もありゃしない。」

たとえ今は読解力がなくても、ゲームが大好きで集中するお子さんなら、たった2時間の指導で偏差値25伸ばした私の方法がぴったりかもしれません。

「読解力を伸ばすには読書しなさい。」
なんて詐欺的なことを、私は絶対言いません。

このような苦悩に満ちたメールをこれまで何通いただいたでしょう。
                                        

  • 塾でまじめに勉強しているのに、どうしても国語の偏差値が上がりません
  • 家庭教師に勉強を見てもらっていますが、読解力だけは下がる一方です
  • 塾にも通ってはいますが、国語が最後まで成績が上がりませんでした
  • 過去問題をさせても散々な点数で、このままでは不合格は確実です
  • 算数は塾で伸びました。しかし、国語はどうしてもダメなんです

今後、読解力向上委員会の活動に興味のある方は、左上に出ている
無料レポートを請求してください。

読解力向上委員会 二宮智宏

読解力向上委員会
   二宮 智宏


未来に向かって進もうとしている子どもたちに、そして我が子のために一生懸命なお母さんやお父さんに、これ以上無用な苦労をさせてはいけません。
そこで、私は考えました。
国語読解力をつける方法をお父さん、お母さんに直接お話しましょう。

 

二宮さん、あなたはいったい誰?

あっ、すみません。自己紹介が遅くなりました。日本の小・中学生の読解力を上げる「読解力向上委員会」を立ち上げたのは私二宮智宏です。

10年以上、西東京市の田無(たなし)というところで、小さな学習塾を運営しています。
もともとは補習塾で、塾生も10人に満たない状態をしばらく続けていました。

しかし、5年ほど前に成績がなかなか伸びない(偏差値27くらいでした。)子の中学受験をお手伝いすることになりました。2ヶ月後から算数は着実に伸びていくのに、国語読解力はさっぱりでした。もう下がりようのないところからのスタートでしたから、下がることはありませんでしたが、地べたにぴったり貼りついたまま微動だにしません。

あきらめていた夏休みの終わりころ、“図解”という方法が天からふってきました。なぜなら、算数の文章題を図解で解いていたから・・・

その後工夫に工夫を重ね、その子は見事に第一志望校の合格しました。その後もマインドマップを使ったり、フィンランドメソッドを取り入れたり、脳の研究をしたりしながら、より分かりやすい指導や教材の研究を重ねてきました。

その集大成として1年ほど前から、「世界標準の読解力クラス」を開設しました。するとおどろいたことに、ほとんどの塾生の成績が上がってきました。成績が上がったのは国語だけではありません。算数も社会も理科もです。

考えてみれば、すべての教科は日本語で学んでいるのですから、日本語の力が上がれば、理解できる範囲が広がるのは当然です。

国語を伸ばす塾ということで口コミが広がり、今では入学をお断りするほどになっています。

 

これらの実績を見て、驚かれるかもしれませんが・・・

 

たった一回の授業で国語の偏差値を25上げました

Rちゃんがまめの木塾に来たのは9月半ば。
私立受験を視野に入れ、春から四谷大塚に週一回通っているそうです。
算数・社会・理科はともかく、国語がどうしても伸びないとお母さんは悩んでいました。
国語の偏差値は、43から53の間くらいをフラフラとしている状況だったそうです。
お母さんの希望もあり、『世界標準の読解力クラス』に入りました。
最初の授業を受けた後、四谷大塚でのテストで
「国語の偏差値が74を超えました!」
とうれしそうに報告をしてもらいました。

もちろん、たまたま・ラッキーな面が多かったのでしょうが、習ってなかったらこうならなかったとRちゃんも言ってくれました。

 

普通学級はもう無理と先生に言われた子が1年後にはトップクラスに

J君は3年生の時、担任の先生に「このままでは普通学級にいられません。」といわれてまめの木塾に入りました。塾では算数と国語に力をいれ、成績は少しずつ上がり1年後にはトップクラスになりました。
授業参観したお母さんが驚くほどの変化だったそうです。

 

8ヶ月で国語の偏差値が20上がりました

中学受験生のN君は、週2回通っています。国語の偏差値が50弱だったのですが、8ヶ月後には70前後になりました。今はアウトプットに力を入れてますので、まだまだ伸びる余地があります。

 

週一回「世界標準の読解力クラス」で学年2位

中学1年のKさん。小学校では中の上だったという成績は、中学に入り上の中になり、さらに今では学年2位になりました。本人は国語がニガテと言うのですが、全くそんなことはありません。

コツコツ積み重ねていく性格なので派手さはありませんが、本人は学年1位をひそかに目指しているそうです。

 

3時間の授業で、物語文の読解力が3倍にアップ

千葉県の銚子にお住まいの中学受験生のSさん。片道3時間半かかるので、塾に通っているわけではありませんが、この年末・年始に行った「読解大会」に参加しました。

ニガテという物語文を、オリジナルの読解方法で解く練習を3時間行ったところ、普段は間違えるような選択問題がどんどん正解するようになりました。今まで正解数の軽く3倍は○がつくそうです。

Sさん自身もうれしかったようで、受験前にあと何回か個人レッスンに来るそうです。

無理はしないでくださいね。

 

 

  • たった一回の授業を受けただけで、国語の偏差値が25上がった
  • 普通学級が無理と言われた子が1年後にトップクラスに
  • 8ヶ月で国語の偏差値が20上がった
  • 週一回「世界標準の読解力クラス」に参加するだけで学年2位に
  • 3時間の授業で、物語文の読解力が3倍にアップ

 

さあ、この伝説に続くのは、あなたのお子さんです。

 

「読解力の公式」が誕生したのは
この事件がキッカケでした

 

5年生の終わりごろ、中学受験を目指しているというCさん。当時は偏差値58の学校を目指していました。かなり遠くにお住まいだったので、まめの木塾に通うことはなく、1年たちました。

先日様子を聞くと、第一志望は偏差値50ほどで、他にいくつかの学校を受験するそうです。
もともとから比べると、かなり伸びたそうですが、現在の偏差値は40くらい。

算数の知識は増えたそうですが、なかなか問題が解けない状態。
国語は偏差値が30から35。

もし、何らかの形でかかわっていてあげれば、もう少し何とかなったのではないか、
と考えたのです。

1年前に比べて、私の中で読解力の指導内容も洗練されましたし、教材の完成度も上がりました。Cさんとはタイミングが合わなかったといえばそれまでですが、ちょっと電話で指導しただけで、かなり伸びたのも事実ですから、申し訳ありませんでしたと言うことしかできません。

国語読解力を上げることができる先生は非常に少ないのが現実です。もしかしたら、読解力を本当に上げることができる先生は限りなくゼロに近いかもしれません。なぜなら、ほとんどの先生は
「読解力を上げるなら、本を読みなさい。」
というアドバイスしかできないからです。

本を読むのは、子ども自身です。ですから本嫌いの子が本を読むはずがありません。つまり、本を読みなさい、というのはアドバイスでも何でもありません

子どもに学力をつけさせ、成績を上げるのが先生の仕事。しかし多くの国語の先生が、読解力をつけさせることができないことが現実。さらにそれに対して、お母さん・お父さんが苦悩して自分を責めているのです。

読解力向上委員会を立ち上げた二宮は、この状況がとても許せません。

 

 

「読解力をつけるのは読書」という
古い日本の国語教育に挑戦状を!

 

「先生、うちの子国語がニガテなんです。」
「うちの子の読解力を上げるにはどうしたらいいんですか?」

もしこんな質問をしたら、学校や塾の先生はこうおっしゃるでしょう。

「本を読んでますか?」
「読書する習慣をつけないとダメですよ。」

するとお母さんは、
「ああ、うちの子は本を読むのは好きじゃないし、絶対読まないから、国語は無理だ・・・。」

 

ちょっと、まった!

 

この構図はおかしくありませんか?

国語の先生というのは、生徒に国語力をつけるプロフェッショナルのはず。

それが本当なら、「読書をしないと読解力がつきません。」のあとには、
その生徒が読書をする方法を指導してくれるはずです。
しかし、そんな先生に会ったことはありません。
あなたはどうですか?

これは、よく考えるとおかしな話。読解力がつかないのは、まるでお母さんやその子自身の問題のようにすりかえていますよね。

私は読解力を指導するプロフェッショナルとして、あなたのお子さんの読解力を伸ばします。

 


過去に体験した小学生の声

すごくよくわかりました。

新藤 美紀


こんな方法は今回初めて習いました。最初のうちは大変だなぁと考えていましたが、今では簡単にできるようになってます。

わたしの国語の成績が上がったのは、二宮先生のおかげです。


読解チャートに書くとまとまります。

大谷 順子


もともと絵を描くのが好きだったせいか、すぐに図解できるようになりました。集中してチャートを描いていると、時間を忘れてしまいます。

勉強が楽しくなりました。


国語の偏差値が50から68以上に

野中 幸太郎


先生のおかげで、偏差値が68以上になりました。友達がびっくりしています。「読解力の公式」中学受験通信講座のことを言おうかどうしようかと思っていて、でも結局いってません。ごめんなさい。


 

指導者は、ただ「探してごらん」
魔法の言葉を言うだけ

私が指導している方法は、長文を図解してさらにいくつかの質問に答えてもらうだけ。これだけで、ほぼ100%国語の成績が上がります。

その秘密は・・・

「読力の公式」講座で体験していただきます。

 

このようなシートに図解をしていきます。

『読解力の公式』専用シート
この読解シートに図解していきます。

 

このシートに書き込む時に、要約をしなくてはなりませんので、お子さんの脳がフル回転します。ほとんどのお子さんは、面倒くさいことが嫌いです。ですから、なるべく書くことを少なくしたい。そう思えば思うほど、要約する力が高まります。そしてこの図解が、子どもの脳を刺激するのです。

そして、読解ポイントを探し出します。
たとえば、説明文でもっとも重要なのは、結論です。
そこで、「結論をさがしてごらん」と言ってあげるのです。

「ちゃんと読みなさい。」
というと決してちゃんと読みません。が、
「さがしてごらん。」
というと、読んで探し出すことに集中します。

不思議なものですよね。

『読解の公式』(説明文編)の内容

  • 子どもたちの実情をお話します。
  • 実際に長文読解問題を解いていただきます。
  • その後、「読解力の公式」を使って同じ問題を解いていただきます。
  • 「読解力の公式」が、なぜ効果があるのか、その秘密を公開します。
  • 読解力がついた後の子どもたちの様子をお話します。
  • まめの木塾・読解力向上委員会の紹介

 

商品イメージ




ベストセラー作家も興味津々

『ペンだけで30日後に行列をつくるすごい裏技』『なぜルパン三世は泥棒なのにヒーローなのか』と立て続けに書籍をヒットさせているマーケティングコンサルタントの山岸二郎氏も『読解力を伸ばす方法』に興味をもっていただきました。

 

この対談で、山岸先生は読解力とマーケティングの
関係をたくさん話していただきました。

 

 

講座について

日時 12月24日(祝) 午後2時から午後4時30分くらいまで

場所 田無駅近隣の会議室(参加者にはご連絡します)

参加できる方 小学4年・5年とその保護者

内容 小学4年生の説明文を1問一緒に解いていきます。
    また、算数つるかめ算の簡単に解く方法を覚えます。

参加料金 1親子 12,000円 あらかじめ銀行振込みをお願いします。

定員 先着10組までとなります。

 

あなたのお子さんに読解力をつけたいとお考えでしたら、ぜひご参加ください。
お待ちしております。



申し込み受け付けは終了しました

 

 
今後の講座に興味がありましたら、
左上に出ているウィンドウにアドレスをご登録ください。
読解力の情報を含め、次回の講座の案内メールをさしあげます。

 

これまで私二宮が指導したお子さんの中で、伸びなかった子はゼロでした。
どんなお子さんでも必ず伸びていきます。

読解力の弱いお子さんは、混沌とした世界に住んでいます。
ぼんやりとした世界で、ぼんやりと考えているのです。
はっきり、すっきり、した世界に連れてきて、明確に考えられる環境を作ってください。

 

読解力向上委員会では、『読解力の公式』を教える先生を育成する活動も行っています。
この講座に参加しているあるベテランの先生は、『読解力の公式』の感想をこうおっしゃっています。
「9月・10月と小学生に対して実施しました。効果あるのかな?と半信半疑でしたが、最初の授業でいつも40点レベルの子が80点以上だったのです! これまで自分は何を指導してきたんだろうと考えちゃいました。」

塾のベテランの先生もうなった『読解力の公式』をあなたのお子さんにもどうぞ。

 

「この講座に参加すると、本当にウチの子に役に立つのかしら???」
とお考えでしたら、

メールでご相談ください。

送信先は、tomo★dokkai.jp  ★を@に変更してください。
件名は「読解力の公式についての質問」としてください。

 

「直接電話で相談したい。」なら、

お電話ください。
ただし、私二宮は、まめの木塾で子どもたちを指導してますので、電話に出られない
時間がたくさんあります。

そこで、メールにて電話をする予約をとっていただければ、必ず私につながります。
ぜひメールで予約をしてください。

送信先は、tomo★dokkai.jp  ★を@に変更してください。
件名は「読解力の公式についての電話」として、都合のよい日時を複数記入しておいてください。

念のため、電話番号は、042−467−1621です。
「ティー・エム・システムズです。」と電話では最初に名乗ります。

 

申し込み受け付けは終了しました

今後の講座に興味がありましたら、
左上に出ているウィンドウにアドレスをご登録ください。
読解力の情報を含め、次回の講座の案内メールをさしあげます。

    

 

    塾の先生、塾の経営者の方へ

    今回の教材は自分のお子様のために使うための教材として開発しました。
    ですから、塾・家庭教師など営利目的に使うことは規約に違反します。

    塾講師のための、「読解力の公式」チューター養成講座
    
   


 
 
 
特定商取引法による表示
プライバシーポリシー