国語が苦手な小学校2〜3年生のお子様をお持ちのお母さんへ


9月末日で、値上げをします。9月中にお求めください。


はじめまして。読解力向上委員会の二宮智宏と申します。

『読解の公式』二宮智宏
読解力向上委員会  二宮 智宏


「このままでは不合格確実です」
「私立はあきらめてください」

私はこのようなお子さんの成績をぐんぐん伸ばす塾「まめの木塾」を東京の西東京市で12年間運営しています。 おかげさまでその評判が口コミで広がり毎年入塾お断りしている状況です。

(この不況時代に本当にありがたいです) 実は、国語の成績を上げるのはそれほど難しいことではありません。

「今まで、何をやっても上手くいかなかったのに、そんな簡単にあがらないわ」
そう思ったお母さん。まずは実際の成果をご覧下さい。


  •  50前後の偏差値だったのが、75になりました。(小学4年生)
  •  「このままでは普通学級はムリ」と言われていた子が中の上に(小学3年生)
  •  3段階中、1と2が中心だった成績表が、オール3に!(小学2年生)
  •  偏差値27だったが、読解力アップで45になり第一志望に合格(中学2年)
  •  3段階中ほとんど1だった成績が、半年後には2と3に(小学3年生)
  •  5年時は国語が2。6年になり3、そのほかの科目も2から3に(小学6年生)
  •  6年の偏差値は国・算ともに35。半年で60を超え志望校に合格(中学3年)
  •  4科目の成績は2が中心だったが、8ヵ月後の現在は3が中心(小学3年生)
  •  「言葉につまる」子が、1年後には話し方がうまくなりオール3(小学3年生)
  •  中学入学からはじめ、読解が大好きに。成績はオール5です。(中学1年)
  •  成績は1が多く2が少し。算数の問題で図を描いて解けます。(小学2年)
  •  成績表は2が中心。半年で、国語・算数ともにほとんど3(小学4年生)

はなまるリトルの算数教材もあります。
国語読解教材とセットでお求めいただくと
割引があります。
セットお申込みの場合は、国語・算数のどちから
からお申込みいただき、メッセージ欄にセットで
お求めいただくことをご記入ください。 

同じ悩みを持つお母さんからも喜びの声が・・

 

国語の偏差値が48から74に。本人が一番ビックリ

佐藤 ゆかり 小学4年生

佐藤 隆   小学3年生


二宮先生、こんにちは。

ゆかりは受験予備校に通っております。

国語がどうしても偏差値50を超えませんでしがた、この教材を何回かおこなっただけで、この前のテストの偏差値が74でした。本人が一番びっくりしたようです。この教材は楽しい、ということでどんどん進めております。

隆はあまり気乗りがしないみたいですが、姉の様子を見てがんばり始めました。

これからも色々と相談に乗ってください。よろしくお願いします。


熱中してやっています。
私も仕事をしているので大助かりです


杉山 直子 小学3年生


図解も要約もすべて自力でやりました。楽しそうに熱中していました。

私は仕事をしていますので夕方から忙しく、本人まかせな面が多く子どもに先生の図解の作成方法の資料と簡単な指示だけして、あとはやっておきなさいという感じでした。

以前から先生のホームページは好きで、よく拝見しておりまして近ければ是非わが子をご指導いただきたいのにと思ってました。 次の教材ができましたら、ご連絡ください。

よろしくお願いします。


国語の偏差値が50から60以上に。
自信がついたみたいです


谷中 秀介 小学5年生


二宮先生、お世話様です。

秀介は日曜に予備校に行ってますが、算数に比べて国語の偏差値が低いのが悩みでした。 この教材は一人でどんどん進めていって、何回か終わった段階で自信がついたようです。 そして、驚いたことに、国語の偏差値が60を超えるようになり、算数を抜きました。

受験用の教材がありましたら、ぜひ教えてください。


読書と成績が関係ないってよくわかりました

S.W.さん  小学5年生


はじめまして、二宮様の教材で、実際に効果を感じているWと申します。

子供は小さい時から本が好きで好きで、したがって国語の授業は大好きだったのですが、テストの結果はついてきませんでした。

本人も親の私も「読解力を訓練することはできない」との思い込みから、特に対策することもなく、国語に関しては確実に点の取れる言語要素に力をいれてきました。

今回、塾の新年度の組み分けテストに向けて図解を実践してみたところ、飛躍的に成績がアップし、驚いております。

偶然得意分野の文章だったのかもしれませんが何より「文章がいつもよりちゃんとわかった」という子供の言葉に変化を感じています。

ありがとうございました。今後も続けていき、今の成績を維持、欲張ってもう少しアップ?させていきたいです。

 

「主婦だって忙しい」

 

お母さんは塾や学校の先生からこんな事をいわれたことはありませんか?
「とにかく、本を読む習慣をつけて、実行するしかないです。お母さんも協力してください」
((成績が上がらないのは私のせい? 授業料を支払っているのに・・・・
家事や仕事に育児に夫の世話・・・主婦だって忙しいんです!))

そう言いたくなるのも無理ありませんよね。
塾は成績を上げればいいですが、家庭の仕事はそれだけはありません。

主婦の仕事は毎日大変です。 しかし、その時間を削ってお子さんに読書をさせても、
勉強をさせても成績があがることはまずありません。

先生達はウソをついているのか?なぜ、成績があがらないのか?
その理由とは・・・・

 


成績が悪いのはお子さんの学力が
低いからではありません。いったい何が…?

 

国語の成績があがらない原因。それは大きくわけて2つあります。
それは、お子さんのせいでも、お母さんのせいでもありません。
あまりにも当たり前すぎる答えですが、怒らないで聞いてください。
なぜなら、多くの先生がこの部分をわからないで授業をしているから成績が上がらないのです。そして、先生自身も教え方がわからず悩んでいるのです。その原因とは・・・・

(1) 「文章を読むのがメンドクサイから」
当たり前すぎて、すみません。でもこれが一番の原因です。
お子さんは、「読んで」と言われれば文字は追うのですが、理解をしないまま進んでしまいます。そして、そのまま意味もわからないまま設問に答えているのです

(2) 「筆者の意見でなく自分の意見を回答してまうから」
これが、2つ目の原因です。意味はわかるけど、回答が合わないお子さんはこのパターンが多いです。国語の答えは"自分の考えを答えること"と勘違いしています。

つまり、興味を持って問題を読み、書いてある内容を理解し、筆者の意見を回答すれば、
ほぼ100%のお子さんの成績が向上するのです。

お子さんが好きな漫画やゲームの攻略本の内容は、お子さんの頭の中に入っています。
それと同じ状況にしてあげれば良いだけです。
では具体的にどうすれば良いのか?

実は、この解決方法。お母さんと同じ悩みをもったある親子がきっかけで開発されました。
それは11年前のある日・・・

 

入塾希望でうれしいはずなのに・・・

 

今でこそ、読解力専門塾を経営していますが、正直私は国語が大の苦手でした。
そもそも私はコンピューターが得意の超理系。ですから、開業当初はパソコン教室に専念し、塾は別のスタッフに任せていました。

ようやくパソコン教室の運営にメドがついたころ、ちょうど塾担当のスタッフが退職してしまいました。
お恥ずかしい話、その時は生徒が4人しかおらず、「このままなら生徒も少ないし、撤退しようか」と考えていた11年前のある日、6年生の女の子とお母さんがやってきたのです。
その出会いが私の運命を変えたのでした。

中学受験したいので塾に入りたいという事でした。生徒4人しかいなかった私にとって、うれしいはずの出来事でしたが、どうも他の塾は全て断られて、最後にここにたどりついたようなのです。

いろいろと話を聞いていると、国語の偏差値が最低レベルの27。算数も30。その時は既に4月に入っていましたので、試験まで9ヶ月しかありません。

こんな言い方しては申し訳ないですが、普通の塾ならお断りするのが当たり前かもしれません。たったの9ヶ月。しかもこの偏差値のお子さんの成績を短期間で合格レベルまで上げるのは至難の業だからです。

それよりも既に基礎ができている子供に集中して教えた方が得です。なぜなら、塾の成績(有名校○名合格みたいなやつです)も上がるからです。しかし、当時の私の塾は、全くの無名で、生徒4名の補習塾。
迷ったあげく、余りにも熱心な親子さんの要望に引き受けてしまいました。

 

"算数100点、国語20点"

 

私は算数を教えるのは得意なので、算数は2ヶ月目から少しずつ上昇していきました。 私の算数の教え方はどんなに簡単な問題でも、文章問題を図にさせます。 そうすると今までわからなかった問題が解けるようになるのです。

やがて夏休みになり、正直私も気が重かったのですが、国語の勉強を本格的に取り組むことに・・・しかし、これが想像を絶するくらい大変でした。 いくら説明しても、出てくる答えは支離滅裂。そして、私も教え方がわからず・・・自分の中でも支離滅裂。

「もういっそ算数に集中して、算数で100点を取るか」、なんて考えました。
(今思えばムチャクチャな発想です)
「たとえ算数が満点でも国語が 20点じゃ合格はできないなぁ・・・。 困ったなぁ」と悩む日が続きました。

そんなある日、脳に関係する1冊の本を読んでいるときでした。ふとアイデアが浮かんできたのです。「そうだ。算数だって図解して解いているんだから、国語も図解 をしてみよう」と。

そう思い立ち、10日間ほぼ徹夜で国語を図解にするシートを試行錯誤しながら作ってみました。工夫に工夫を 重ね、できるだけ簡単に図解できるようにしていった結果・・・

彼女は今まで、読むことすら嫌がった文章を楽しく読むようになり、
「先生、国語っておもしろいね。まるでゲームみたい」
(入塾当初の姿を知っている私には夢のような言葉でした)

彼女は見事、私立中学に入学できました。 彼女の合格にももちろん驚いたのですが、
驚いたのはそれだけではありません・・・・

 


算数、理科、社会の成績も劇的にアップ
初めは私も半信半疑でした・・・

 

このテキストを塾で使い始めたら、国語以外の算数、理科、社会も成績があがってしまうお子さんが現れたのです。
私もそんな事を予測していたわけではありません。
いったいなぜ、こんなことがおこったか?

小学校3年生になると理科、社会が加わります。そして算数も長い文章問題が増えてきます。

算数でも、計算は得意だけど、文章問題は苦手、というお子さんがいらっしゃいますよね。
最初から式があるのと、その文章を読解して自分で式をつくるのとの違いだけなんですが、
文章をきちんと理解していないので解くことができないのです。

理科にしても、社会にしても一緒です。これらの教科は文章の設問が多くなりますので
読解(言っていることを要約し、理解する)するだけで、成績が上がります。

そして、この図解方式を国語用にわかりやすく、簡単にできるようにまとめたのが
『二宮式読解の公式』です。
初めにお断りしておきますが、この教材は難しいテクニックを教えるものではありません。
初めから、国語が得意なお子さんは別として、どんなにテクニックを一流の進学塾で教わってもあるプロセスを踏まない限り絶対に成績があがりません。

国語が大の苦手だった私だから思いついた方法・・・それが、この『読解の公式』です。





わかる・うれしい・楽しい
「二宮式読解の公式」入門4点セット

この教材は国語が苦手なお子さん用に作られています。
そして、お子さんをサポートするお母さんが
困らないように以下の4点セットにまとめました。

1) 『お父さん、お母さんも一流先生!
『"お子さんの成績を劇的にアップさせる"読解法公式スターターテキスト』

まず、教材をはじめる前に、必ずお読みください。最短で成績をアップしてもらう為の勉強のやり方をわかりやすく解説しています。

2) 『二宮式魔法のスピードチャート』
お子さんが記入するためのシートです。このシートがポイントです。
長い文章を図解化するために魔法のシートです。
脳を活性化するための工夫がされていますので途中であきることなく、最後までやりぬくことができます。

3) 『お母さんも大感激 二宮先生の授業 』
2年生は10題、3年生は16題の問題の読解(スピードチャート作成)と、問題の解説授業をご家庭で受けることができます。
Youtubeですので、パソコンでもスマホでも授業を見ることができます。


4) 『四谷大塚はなまるリトル2年生、または3年生国語』

長文の基礎力をつけるには一番良い教材を選びました。

これらのテキスト一式をファイルに入れて、ご自宅に送料無料でお届けします。
難しい説明がいるものはありませんので、教材が届いたその日から直ぐにお試しできます。


 

やり方は簡単です。しかも、
ゲームが好きなお子さんほど熱中

 


使用するテキストは、『四谷大塚はなまるリトル2・3年生国語』です。
長文はシンプルな構成ですので、読解の入門としては最適です。
方法は簡単。次の3つのステップを確実に実行するだけです。


(1) 一番大事な、“筆者が一番言いたいこと”をさがす。

まずはお子さんに、
「この文の結論(筆者が一番言いたいこと)を見つけてごらん」
と言ってみてください。

その前に、読解するための二宮先生の授業を見てもらってください。“筆者が一番言いたいこと”の探し方をわかりやすく説明しています。


お父さん・お母さんがびっくりするくらいの集中力で探し始めます。

「これを読みなさい」言うと絶対に読みませんが、「探してごらん」と言うと、読むんですね。
ゲームの宝探しと同じ要領です。ですから、ゲームが大好きなお子さんほど熱中します。


その後、「テーマ」と「結論の理由」も見つけてもらってください。


(2) 発表してもらう

図解と宝探しが終わったら、改めてそれを発表してもらいます。
口にだして伝えることで、筆者の考えがまとまります。
ここまでが1日目の作業です。
お子さんによって時間はまちまちでしょうが、30分かからない子が多いと思います。


(3) 問題を解き、お母さんと一緒に答えを探す

二日目に、設問を解きます。
実は昨日のまとめで半分以上の設問を解いてますので、
答えをみつけるのが簡単ですし、正解が増えてきます。すると、少しずつ自信がついて、問題を解くのが楽しくなります。

その後、二宮先生の授業を見ながら、自分で丸つけしてください。
間違えた問題は、後ですぐに直してくださいね。


1題をこのような流れで行ってください。
このテキストは説明文が16個ありますので、毎日30分行えば、32日で終わります。
毎日やらなければ、いけないというわけではありません。お子さま、お母さんのペースに
あわせて進めてください。

確実にお子さんの成績があがります。しかもテクニックで解いていくのでなく、本質部分を理解していくので、学年が進んでも力が落ちることはありません。

 

ベストセラー作家からも取材を受けました

 

『ペンだけで30日後に行列をつくるすごい裏技』『なぜルパン三世は泥棒なのにヒーローなのか』と立て続けに書籍をヒットさせているベストセラー作家、山岸二郎氏も『読解力を伸ばす方法』に興味をもっていただきました。

 

自信を無くしたお子さんと、
忙しいお母さんの為に作られた教材

 

この商材は小学校3年生のテキストを使用しています。通常であれば3年生のお子さんだけが対象ですが、国語が苦手な小学校4、5、6年生。中学校1,2年生もこの教材を使って国語を克服しています。

多くのお子さんが小学校3年生から学力の差を感じ始めます。
算数は数字の位が増え、単位が複雑になります。そして、国語は漢字が増え、文章が長文になります。

1,2年生までは、文中の単語を答えれば良かったのが、筆者の意見を求められる質問が増えてくるのが3年生です。

ですから、この段階で正しい方法を身につけておかないと、より難しくなっていく高学年では
すっかり自信を無くし、国語ぎらいが加速してしまうのです。

そうならないように、お母さんも一生懸命につきっきりで勉強をみてあげたいのですが、
家でお母さんがつきっきりの時間をとれるとは限りませんよね。仕事や家事で忙しい毎日です。
しかし、この教材は宝探しゲームと一緒です。

ですから、お母さんが家事のことをやりながら、お子さんに問題を解いてもらうことが可能です。洗濯物をたたみながら、料理をつくりながら・・・
"どっちが早くできるか競争しよう"と、楽しんでやってみてください。

1日30分でいいので、気をかける時間を作ってあげてください。
それだけで、確実に成績が上がってきます。

「ちょっと待って。私も国語が苦手だったんです」

しかし、お母さんは不安に思うかもしれません。
「本当に私に教えることができるのか?」
「子供がわからなかったらどう対応したらいいだろうか?」

そこで、お母さんも不安なく取り組めるように特別なプレゼントを用意しました。

 

 

特別無料プレゼント No.1

通常1ヶ月6,000円以上かかるメールサポートが、なんと1年間無料!

教材への質問はもちろんのこと、
「なかなかとりかからない」とか「時間がかかってしまう」
というようなことにも、的確にお答えします。

メールの返信はできる限り迅速に行います。
ほとんどの場合、24時間以内とお考えください。

質問者と私とのタイミングが合えば、1日に数通のやり取りをすることも可能です。


1年間本気でサポートします。


また読解教材以外のこともお気軽にご相談ください。
できる限りのお手伝いをしてまいります。


私達がいつも一緒です。

特別無料プレゼント No.

学校や塾では教えてくれない最新情報など、
受講者限定メール配信サービス

購入者専用メールマガジンを発行します。

読解力向上のためのヒント
みんなが陥る読解力の罠
親が心がけてほしいこと
子どもへの接し方
なかなか勉強しないお子さんへ

というような内容とともに、最新情報・独自情報・お得情報などなどをメールマガジンとしてお送りします。

「参考になりました。」

「勉強になりました。」

「なるほど」

という声をたくさんいただいております。

特別無料プレゼント No.

「お父さん、お母さん。頭良い〜!」
文章を要約するコツが簡単にわかる
大人の為の文章要約法 (3,000円相当)

「読解とは長文を要約すること」

という言い方があるように、要約と読解力とは切っても切れない関係にあります。

そこで、文章を要約する方法をまとめたレポートを無料で提供いたします。

(ただし、このレポートは小学生にとっては少々難しいので、お父さん・お母さんの参考資料としてお使いください。)

(お子さんが文章を要約するためのコツは別途紹介します。)



中高一貫校受験の為だけでなく
お子さんの夢を叶える魔法の道具

 

「国語のテキストなのに夢を叶えるなんて大げさな・・・」
そう思うのも無理はありません。
しかし、多くのお母さんは"中高一貫受験の為"、"周囲に取り残されないように"という理由でこの教材を購入されます。しかし、国語というのは、中学高校はもちろんのこと、大学、社会人になってから、もっとも必要な力なのです。

社会にでて一番必要な能力ってご存知ですか?
それはコミュニケーション能力です。

日本経団連が実施しているアンケートで、企業が採用選考時に重視する要素は、「コミュニケーション能力」が79.5%で、5年連続して第1位になっています。

相手の話していることを聞き、理解してする、企画してプレンゼンをする、自分意見を正確伝える、商品のよさをわかりやすく伝える・・・

この伝え方一つで自分の企画が通ったり、商品が売れたり、相手から好意をもたれたり・・・・。すると当然評価も高まりますし、協力してくれる人もたくさんでてきます。

あのマイクロソフト社の創始者で大富豪ビルゲイツ氏もコミュニケーション能力の重要性を説いていますよね。
ビルゲイツ氏もそうやって、仲間を増やし世界のトップに登りつめたのです。

そのコミュニケーションの基礎となるのが読解力なのです

 

お子さんの夢に私も投資します

 

それではもう一度、この「読解の公式」でお母さんが手にできるものをまとめておきます。

・ お母さんが無理に読書を勧めることなく、お子さんが国語を好きになっていきます
・ ゲームと同じ要領で答えを探すので、集中力が増し最後までやりぬく力がつきます
・ 要約することが得意になり、問題に対して正しい答えを導きだせます
・ 応用力がつき、作文や他の教科の成績もぐんぐんあがります
・ 偏差値だけでなく伝える力、相手の言っていることを理解する力がつきます

 そして、今回は無料のプレゼントとして、

・ 1年間の無制限のメール相談サービス
・ 使用者限定の特別メールマガジン
・ お父さん、お母さんが教え上手になる、大人の為の要約法

をおつけします。

この教材の価格ですがいくらで販売するか?正直悩みました。
私は塾で、この『読解の公式』を使った授業を小学2年生から中学1年生に対して実施しています。

小学3年生の月謝は2万3000円です。月4回の授業があるとして、1回の授業で1題を実施していますから16題は4ヶ月で終わります。単純に4ヶ月分の月謝として92,000円の価値があると考えているのです。
さらに、入学金が16,200円かかることも忘れてはいけません。
    
しかし、私は塾で教えることが仕事であり、教材作成が本業ではありません。
そして、東京の私の塾に通うことができないお子さんがたくさんいらっしゃることに心を痛めております。

読解で困っていらっしゃる子どもたち、お父さん・お母さんを助けたいと思い、この教材を作成しました。
塾では、たくさんのお子さんを見てきました。多くのお子さんは高学年になってから、または中学生になってから、勉強に自信がもてなくなりこの塾にやってきます。

ぜひ、小学校低学年・中学年の今から、自信をつけるためにこの教材を使ってください。
そして、成績をあげるだけでなく、お子さまの将来の夢を叶えてあげてください。

その夢の実現のお手伝いとして、私もあなたのお子さんに半分投資をします。
3年生は、当初計算して出した92,000円の67%引きの30,240円でお譲りします。ただし、入学金16,200円をいただくこととして、合計46,280円です。
(入学金は2度払う必要はありません)


2016年9月中旬に大幅割引が決定しました。
期間限定ですので、割引中にお求めください。

28,380円(入学金16,200円が含まれています)

なんと17,900円引きです。

10月からは少々値上げします。ぜひ、今月中にお求めください。

 

2年生は、入学金と合わせて、24,990円です。


 "なぜ、そんなことをするか?"とお思いでしょうが、私が塾を始めた理由。
それは単に成績を上げるだけでなく、社会にでて夢を実現できる子供を育てたいからです。

子供が夢を見れない、実現できない社会など面白くありません。
自分の夢を語り、生き生きと育って欲しい。そんな思いがあるのです。

お子さんが立派に成長し、社会で活躍を始めるころ、私はもう引退しているかもしれません。
しかし、この方法で国語の力をつけて、将来、夢を実現する為に使ってくれれば、これほど
うれしいことはありません。

ぜひお子さんに読解力と自信と夢を与えてください。

 

 

2010年8月1日から、返金保証をなくしました

この教材の販売を始め、2年が過ぎました。これまで500人以上にお買い求めいただき、返金は4件だけでした。
一方、喜びの声は100件を超え、これからは返金保証は必要ないと判断したためです。

もし、この教材がお子さんにあわなかったらどうしよう・・・
と考えていらっしゃるなら、この教材とは縁がなかったのだとお考えください。

 


2014年12月22日よりニューアルしました


この教材を作成してから8年ほど経過しました。
今でも、たくさんの『読解力が上がりました。ありがとうございます』という声をいただくのですが、もっとわかりやすく、もっと力が伸びるようにリニューアルいたします。

どのように変更するのか、というと、ネットで二宮の授業を受けることができるようにしました。

これでわかりやすさが格段にアップしました。

学習の手順も少々変更し、やらないこともでてきます。

はっきり言えることは、さらにわかりやすく成績が伸びやすくなった、ということです。


銀行振込・クレジット払い(手数料5%かかります)での決済です



全員にお渡しできないかもしれません

 

但し、申し訳ありませんが、ご希望するお母さん全員にお渡しできないかもしれません。
というのは、特典のメールサポートですが、正直、通常の塾の間で対応しているので、無制限に受け付けることが物理的に不可能です。

ですから、今のサポートレベルを保つことができない、もしくは、これ以上は時間が取れないと判断した場合、販売を停止させて頂くかメールサポートなしでの販売とさせて頂きます。

 

もう1人で悩む必要はありません

 

私のところにはたくさんのメールが毎日届きます。

私の子供は軽度の発達障害を持ち、軽度の知的障害も持ち合わせております。現在小学校3年生で、通常学級に在籍しながら国語のみ特別支援学級に通級しております。

そんなわが子にこの教材は理解できますでしょうか。
障害をもつお子さんが取り組まれている事例はございますか?

 

・・・・・・・・

また具体的なご相談よろしくお願いいたします。

毎日メールをチェックするのが楽しみです。15年後・・・教育も社会も本当に変わっていると思います。二宮先生とは全く違う生き方をしてきましたが、メールの内容は深くうなずけることばかりです。

これからの時代にかみ合った、自立した人間に育つように・・・
母はがんばります。

二宮先生に出会えて良かったです。

 

先生、
今の時期に…優先順位が…親子とも悩みました。

サッカーの試合が14日にある予定だったのですが大雨のため中止になり延期日が21日になったという連絡がありました。

週間天気予報を見ても当日天気が崩れそうにありません。

○○はぎりぎりの人数でもありチームでの最後の試合でもあるサッカーに行きたい。

先生と21日に会って決めると約束したのに本当にごめんなさい。と。

 

ご覧になってわかるように、教材以外のことでの感想や、メールも頂戴します。もちろん全てのことにお答えできるわけではありませんが、返信は必ずしています。
できるかがりにお母さんの力になりたい。そう本気で思っているのです。

勉強のことになると、ご主人にも友人にもご相談できないという方が多くいらっしゃいます。
そんなお母さんのサポートも私の仕事です。
もうお1人で悩むことはありません。一緒に解決していきましょう。

 

3年生も挑戦し始めてください

 

これから3年生になるお子さんをお持ちでしたら、今始めるのもはやくはありません。

時間のあるうちに、じっくりと時間をかけて取り組んでください。

お子さまの成績を本気で伸ばしたい、本気でそう思うのであれば、次の学年からの飛躍のために
1年間のメールサポートが付いている今、下記のボタンより参加表明をして下さい。
一緒にがんばってお子さんの自信に溢れた喜ぶ顔を早く実現させましょう。

 

 

追加サービス決定

1題あたり1080円で、FAX通信講座にすることができます。

2年生は10題ですので、10,800円の追加、

3年生は16題ですので、17,280円の追加

で、読解力向上委員会の優秀なスタッフの通信講座での指導を受けることができます。


銀行振込・クレジット払い(手数料5%かかります)での決済です

 

 

よくある質問をまとめてみました。

Q1 質問1 この方法で、誰でも読解力がつきますか?
A1 回答1 本人がやりさえすれば、ほとんどの場合読解力が向上します。
     お母さん・お父さんは、お子さんが気持ちよく始められる
     環境を整えてあげてください。

Q1 質問2 子供がやらないときは、どうすればいいでしょうか?
A1

回答2 小学3・4年だとその心配はほとんどありません。
     ただし、高学年や中学生だとしたら、3年生の教材
    ということに対して気持ち的に抵抗があるでしょう。

    「今のうちに、読解の基礎力をしっかりつけよう。」
    と、きちんとお話してあげてください。


Q1 質問3 わからない時に指導してもらったり、相談してもいいですか?
A1

回答3 はい、メールにて受付ます。
    今お買い上げいただけば、1年間は無料でメールサポートします。
    読解力以外のこと(他の教科のこと、生活習慣のこと、友達関係、
    などなど)も、最大限サポートさせていただきます。

    教材以外の相談にものれるのが私達の特徴です。



 

先行販売割引価格  

まだ悩んでいらっしゃるお母さんへ
育児の悩みは勉強のことだけではありません。日々の生活では様々な悩みが発生します。
私は育児の専門家ではありませんが、教育に関しては専門家です。ですから少なくとも教育に関してはお母さんがお1人で悩まないように1年間のメールサポートをおつけしました。

繰り返しますが、メールサポートをおつけできる人数は限られてしまいます。
このサポートがある間に参加されることをお勧めします。もう1人で悩むことはありません。
私達が全力でサポートします。今すぐ、下記の参加表明のボタンからお申し込みください。

  

銀行振込・クレジット払い(手数料5%かかります)での決済です

 

 

特定商取引法による表示
プライバシーポリシー