メインイメージ

中学受験・高校受験まであと
わずか。志望校の変更を考えてますか。その前に、この時期の勉強方法を見直しましょう。この受験戦略でお子さんが輝き始めます!

今年は、小学5年生と中学2年生を5名受け付けます。

過去問を2年分(2回分)行って、今後の1年間に何を勉強すればいいのか、具体的に考えましょう。
もし、志望校がはっきりとしているなら、合格可能性を一気に高めることができる講座になると確信しています。



ほとんどの受験生が、塾から与えられた大量の宿題に手を焼いています。ほとんどの受験生が、模試の偏差値に振り回されているのです。

そういうライバルをしり目に、直前にやるべきことを見える化し、それに全力投球をしていきませんか。

これが、二宮が考える中学受験・高校受験の“最高戦略”です。

あれもこれもやっていたら、100%時間が足りません

塾の宿題をやることが、あなたとお子さんのやりたいことですか?

違いますよね。本当にしたいことは希望の学校に合格することです。

「えっ、志望校に合格するために、塾の宿題に終われているんですけど・・・。

何か違うんですか?」

もし、あなたがそのような疑問を感じたなら、この先を読み進めてください。

 

模試で偏差値10足りないんですけど・・・

 

ほとんどのお母さんが、模試の偏差値に右往左往してしまいます。

模試の偏差値を見て、塾の先生は、「志望校変えた方がいいんじゃないですか。」とおっしゃいます。

あれ?塾って偏差値を上げてくれるところじゃなかったの???

 

偏差値に振り回されるのは、もうやめにしてください。

志望校合格に、模試の偏差値は関係ありません。

もちろん、過去4回の模試の平均値で合格を決めるというなら、模試の成績を上げなくてはなりませんが、通常は入学試験の点数を出し、上から定員数プラスアルファの生徒が合格するわけです。

ですから、私達がこれからやらなければならないことは、入学試験で合格最低点をクリアすることだけなのです。

 

 

お子さんの偏差値に悩まれていたお母様から、お喜びの声が続々!!

  • 偏差値27だったが、読解力アップで45になり第一志望に合格(小学6年)
  • 6年の偏差値は国・算ともに35。半年で60を超え志望校に合格(中学3年)
  • 中学入学からはじめ、読解が大好きに。成績はオール5で志望校合格。(中学3年)
  • 成績表は2が中心。半年で、国語・算数ともにほとんど3になり志望校合格(小学6年生)
  • どうしても伸びなかった国語を克服し、開成に合格。(小学6年生)
  • 本郷中学に特待生合格(小学6年生)
  • 5日目に合格をいただきました。あきらめないでよかったです。(小学6年生)
  • フェリス女学院と穎明館中学の両方に合格しました。(小学6年生)

 


模試の偏差値と志望校合格は関係ないんですか?

はい。関係ありません。とは言っても、全くないわけではありません。

模試では全体的にまんべんなく問題を出していますが、実際の受験問題はそういうわけではありません。学校によって、全く傾向が異なります。

ですから、模試で偏差値60のお子さんが、学校の偏差値60の学校に受かるわけではありません。

(模試の偏差値50の子に比べたら、受かる可能性は高いと思いますが。)

 

大事なことは、受験問題で、最低合格点をクリアすることです。

 


塾の宿題を全部やらなくていいというのは本当ですか?

多くの塾は、クラス単位で管理しています。

例えば、あるクラスは偏差値52から58までのお子さんがいたとします。

そうすると、クラスでは偏差値60を超えるための勉強や宿題を出すことになります。

当然、このクラスにいる下の方の子は、ついていけず、消化不良になるのです。

 

これで意味があると思いますか?

 

私の経験では、第一志望合格を目標にやるべきことを整理すると、それは塾の課題の半分以下になってしまうケースがほとんどなのです。

 

お母さんも先生も、レベルの高い問題をやらせることは効果があると思うでしょうが、まさか受験で100点満点を目指しているわけではありませんよね。受験では確実にできる問題で間違えないことの方がはるかに重要なのです。

 

 

ケアレスミスが多くて困っています

先にも言いましたが、受験合格のためには難しい問題ができることより、ほとんどの受験生ができる問題を落とさないことのほうがよっぽど大事です。

そういう意味では、ケアレスミスは、重大な欠点となります。

原因を見つけ、早めに退治しておきましょう。

 

合格するか、しないかの1点差のところの人数が一番多いと思います。新しく1点を取ることより、確実に1点を取りにいくのです。

ほかにもたくさん質問や感想をいただいております。

受験に対する誤解をしたまま、本番に突入することのないようにしてください。

 

うちの子に合うかしら

ここまで読んでいただき、「それはいい」と思ったとしても、少し不安になったかもしれません。

「うちの子にはたして合うのかしら・・・」

そう思われるのも無理はありません。

 

ただし、合うとか合わないではなく、残りの日数で後悔しないために、やるべきことを整理して、あとはやるだけです。

受験問題に出そうなニガテ分野を克服しなければなりません。

これまで一度もでたことのない分野に、力を入れるのは、おそらく無駄になってしまいます。

 

残り時間が少ないのは、誰でも同じ。時間を有効に使った者だけが、志望校合格を勝ち取れるのです。

 

 

どのような内容ですか

まず、志望校を私に教えてください。

その学校の過去問題集を私が購入します。

まず、古い方から2回分の試験をなるべく本番に近い形で解いてください。
そして、その結果を私に教えてください。

それをもとにして、その後の1〜2か月の勉強予定の案を作成します。

それをたたき台にして、学習予定を作りましょう。

あとは、できるだけ予定通りに勉強を進めてください。

結果を見て、微調整をし、また結果を見て、微調整をする、この繰り替えしです。 

志望校に合格するために、この時期にやるべきことを決める、という内容です。

 

最後に、

・過去問が手に入らない学校

・問題が特殊な学校

については、お受けすることができないことをご了承ください。

価格についてお話します

ここまで読み続けていただき、ありがとうございます。

一人ひとりのお子さんの志望校の過去問を分析し、さらにそのお子さんに合わせた勉強内容を提供するものです。スタッフを使うところもありますが、ほとんどは二宮にしかできないことになります。

とてもとても、100人に対してできるサービスではありません。

私自身、実際の塾での講習もあり、通信講座受講生への指導もあります。

が、あと2名指導できることがわかりました。

 

数百人の小学生を第一志望校に合格させた二宮と読解力向上委員会スタッフが、たった一人あなたのお子さんのために志望校の過去問を解ける力を授けます。

 

その価格は、   

中学受験(算数・国語)  
 291,600円
(偏差値59まで) 
 324,000円
(偏差値60以上)

高校受験(数学・英語・国語) 

 345,600円
(偏差値57まで)
 367,200円
(偏差値58以上)



読解・算数のFAX通信講座受講生は10%割引です
(両方受講されている方は20%割引)

初めての方は、入学金16,200円が別途必要になります。

受験クラス・プレミアム講座・二宮司令塔講座受講生には
特別受講料を提示しております。

志望校合格のための最高戦略

オリジナル過去問対策講座

あなたの志望校の過去問を分析します
お子さんの実績を参考にします
この時期にするべきことが明確になります

 

お申し込みはこちらから

 

まだ、お申し込みはしないでください。


分割払いもございます

E-BOOKイメージ

教材はイメージです

【特典1】 二宮との個人面談30分実施!

通常でしたら、1時間あたり3万円の二宮との面談を30分無料で受けることができます。
お互いに顔を合わせて、信頼感を持ち、今後の方針をしっかりと決めていきましょう。

 

ぜひ面談を実施したいのですが、どうしても都合がつかない場合は、スカイプ・電話などを使って面談を行いましょう。

【特典2】 購入者専用メールマガジンを発行します

読解力向上のためのヒント
みんなが陥る読解力の罠
親が心がけてほしいこと
子どもへの接し方
なかなか勉強しないお子さんへ

というような内容とともに、最新情報・独自情報・お得情報などなどをメールマガジンとしてお送りします。

「参考になりました。」

「勉強になりました。」

「なるほど」

という声をたくさんいただいております。

【特典3】 模試の結果アドバイス 1回無料(50,000円相当販売中)

受験した模試の結果をもとに、模試の復習方法を伝授します。

【特典3】 合格するためのマインドセット授業 (プライスレス)

合格するためのマインドセットですが、これは何にでも使えますので、将来の夢の実現の仕方と考えていただいていいです。大人になっても使える成功法則を今身につけてください。

 

お子さんの読解力が向上し、志望校に合格できるよう、精一杯お手伝いをしてまいります。

 

私でも合格しました!

1東京都 新藤 美紀さん

 

模試では毎回合格の可能性が30%未満で、泣き顔でした。私の顔も泣き顔になっていたと思います。

でも、これだけをやればいい、という二宮先生のアドバイスを信じて、行きたい学校に合格しました。

受験した学校にすべて合格しました!

1東京都 野中 幸太郎さん

学校の勉強より、受験勉強の方がおもしろいと思いました。毎日日誌を書くのは大変でしたが、それで書くことが得意になったと思います。

読解力向上委員会スタッフとともに、最高の受験を体験しましょう!

私たちは常に、あなたとお子さんのそばにいます。

8ヶ月でやるべきことが決まりました。しかし、それをきちんとやらせることができるのでしょうか?

もちろん、それができるお子さんでしたら、それで結構です。

 

おそらく、多くのご家庭では時間管理・スケジュール管理にお困りのことと思います。

そこで、私たちは、「オリジナル過去問対策」に「スケジュール管理」のご相談に応じることにいたします。

「過去問分析」でやることが明確になりますので、スケジュール相談もお気軽にご利用ください。

 

オリジナル過去問対策
FAXを使った指導を行います

お申し込みはこちらから

初めての方は、別途入学金が16,200円かかります。

一括銀行振り込み、または一括クレジット(5%手数料)
分割払いは4回払いのみです。クレジット払いのみです。
金額は15%増しの受講料を4で割った金額です。

 

 

ちょっと待った!!

この過去問対策は、あくまで過去問分析して、それを受講生にお伝えし、さらに
過去問で合格レベルまで引き上げるためのものです。

つまり、お子さんの力を伸ばすものではありません。
いや、誤解されるといけないので、ていねいに説明すると、
過去問対策は、過去問に合わせる、過去問で点数が取れるようにすることが目的です。
ですから、そのような勉強をしていく中で、力がついて伸びていきます。

しかしながら、力をつけるため、とか、成績を伸ばすためのものではありません。


力を伸ばす必要があると判断したら、そのための講座をご提案いたします。




 

 

よくいただく質問をまとめて掲載しました。

その他、ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

  tomo ★ dokkai.jp    (★を@に変更してください)

  二宮まで

 

Q.

うちの子は小学5年生ですが、この講座を受けられますか?

A.

はい。今年度は5年生・中学2年生を少人数受け付けます。

Q.

返金保証はありますか?

A.

大変申し訳ありません。サービスが開始される前に、指定された学校の問題を解いたりまとめたりする作業に入ります。ですから、途中での返金はできないことを、ご了承ください。

Q.

途中で学校の変更はできますか?

A.

大変申し訳ありません。上の質問にもお答えした通り、実際のサービスが始まる前に、私たちの準備に大変な時間と労力がかかります。ですから、一切変更はできません。変更ではなく、2校目の追加として受付ます。

Q.

どんな学校でも対応していただけますか?

A.

おそらく、特殊な問題を出す学校があると思われます。お申込み・ご入金いただいた後で、私がその学校の過去問を手に入れ、内容を考えます。その後、何らかの理由で私が対処できないと考えた場合は、すぐに返金し、契約解除とさせてください。

新設校も、過去問がありませんので、対象外です。

2〜3年の過去問がある場合、その分でよければ、承ります。

Q.

国語の問題に作文があるのですが、作文の指導をしてくれますか?

A.

申し訳ありません。今回のサービスは、国語読解の過去問対策サービスです。ですから作文の指導は行いません。

ただし、読解力向上委員会では、作文コースがありますので、別途作文指導のサービスにお申込みいただくことは可能です。

Q.

分割払いはできませんか?

A.

PayPalでのクレジット払いで2回分割払いが可能です。

クレジットでの一括・分割、銀行振込一括払いのどれかをご選択できます。

 

あなたは買えないかもしれません

、「オリジナル過去問対策講座」は、中学受験・高校受験を悔いなく過ごしたい、親子のためのプログラムです。

この方法を知ったお子さんは、高校受験でも大学受験でも、大人になってからの資格試験にも応用が可能な勉強法の戦略を知ることができます。

 

また、このプログラムは、私の責任と作業量も半端なものではないでしょう。

つまり、人数を限定して、しっかりとしたものを提供する予定です。

 

限定5人以外に、もう受け入れることはできないでしょう・・・。

 

もしご興味がありましたら、お早目にお申し込みください。

 

今、申し込みのチャンスを逃したら、ずっと後悔することになるかもしれません。

その点だけ、ご注意ください。

 

 

 

去年、このサービスを受け志望校合格を勝ち取った方からの声を聞いてください

 

二宮先生へ

二宮先生へ

 

Kでございます。

おかげさまで、うちの子は独協中学に通うことになりました。

先生とは、短い期間でしたが、学習面、精神面において、

内容の濃い時間を過ごさせていただきました。

親子共々、どんなに励まされたことでしょう。

先生には大変お世話になりました。

あらためて感謝申し上げます。

二宮先生に出会えて本当に良かったです。

有り難うございました。

             Kの母より

 

第一志望には届きませんでしたが

二宮先生

ご無沙汰しております。

もっと早くご連絡をしなければ・・・と思いつつ、遅くなり申しわけございません。

過去問特化で結果を出せなかったので、先生の事業拡大の宣伝に説得力を持たないのですが、次の方々に少しでもお役に立てるのであれば、喜んで協力したいので、なんでも質問してください。

 

東京都市大学付属中学校に通うことに決まり、本人は大満足のようです。


はじめての中学受験を経験して、また、共に戦った仲間の結果をみて思うことは、

「母(父)主導型は結果が出ない」。

この読解の公式にしても、本当なら「国語が足を引っ張ってるなー、なんとかならないか」

と子どもから言い出し、そこで私が何かいい勉強法を調べたり、やることを整理したりする姿が理想的・・・なんですよね。

我が家は、私がすべて管理し、子どもはやらされていた・・・って感じでしょうか。

周りをみても、(塾でトップクラスにいるお子さんでも)母主導になっていたご家庭は第一志望校には届かなかった方が多いです。

敗因は私にあります。子主導型にもっていけなかった私に。

 

それでも、最後の過去問ドリルはメキメキ力がつきました。

何度も何度も繰り返しやることは本当に力がつきます!

うちの子のように遅い子は、あと1カ月早くあのドリルをスタートさせていただいたら、もう少し余裕をもって取り組めたなぁ・・・とも思います。


次男は中学受験を考えていませんが、受験とは関係なくのんびりゆっくり読解のコツを学んでほしいな、と思ったりもしています。

その時はまたよろしくお願いいたします。

 

Tの母より

 

ご心配おかけしました

二宮先生、こんばんは。


お電話しましたがつながらなかったので取り急ぎメールで失礼します。

5日目にして合格を頂けました。
底力が出せたようです。
合格したから言える事ですが最後まで諦めず受け続けて良かったです。
塾と読解の2本立て→二宮先生と家庭の2人3脚と受験間近の12月に環境を変え山あり谷あり、不安の日々。家族の在り方も改めて見つめ返すこともできました。
そして主人の子供の力を信じる大きさを知る事ができました。
うちの子にとって先生にご指導いただいた読解と算数は大きな力になりました。
またメンタル面のケアでは親子共々、本当に助けられました。
この経験を糧にしてこれから歩んでいきます。
ありがとうございました。


 I

 

第一志望校合格のために、私のすべての経験と知恵を結集させ、
お子さんに力を大きくふくらませていきます

 

お申し込みはこちらから

初めての方は、別途入学金が16,200円かかります。
一括銀行振り込み、または一括クレジット(5%手数料)
分割払いは4回払いのみです。クレジット払いのみです。
金額は15%増しの受講料を4で割った金額です。

 


追伸

「先生、うちの子塾をやめました。二宮先生の講座だけにします。」

去年、夏休み前後に、このようなメールを2通いただきました。

びっくりしたのと同時に、ずっしりと重い責任も感じました。

 

『高いなぁ〜』

と感じた方も少なくないでしょう。

 

が、これさえあれば、夏期講習も冬期講習も特別講習も何も必要ない、ということでしたら、決して高くはないはずです。

 

その子たちにとって、一番いい方法を提供しようと決意し、私のこれまでの経験をすべてまとめたプログラムがこれです。

塾をやめてください、と言いたいわけではありません。が、多くの塾の先生は、成績優秀な子以外は一人ひとりのお子さんを個別に見ているわけではないのです。

 

「先生、やらなくてはならないことが多すぎて、寝られません。」

こんなバカげた受験にお子さんを巻き込みたくない、と思われた方々とともに充実した4ヶ月を過ごしていきたいと考えています。

 

追伸 2

志望校合格に向けて、本当のホンモノの勉強を5ヶ月実施するためのものです。

同じ受けるなら、早いうちに申し込んだ方がトクなのはわかりますよね。

(割引がある、という意味だけでなく、長期間準備をすることができるからです)

 

ともに戦えることを、スタッフ一同楽しみにしています。